医療ソーシャルワーカーになるためには

医療ソーシャルワーカーは、社会福祉の専門家です。主に4年制大学の社会福祉関係の学部・学科などで社会福祉を学ぶことが必要です。
当協会は「医療ソーシャルワーカーの基礎資格は社会福祉士である」と考えています。
法律的に厳格な決まりはありませんが、2008年の医療法改正から保健医療機関で退院支援を行う職種として、「社会福祉士」が位置付けられました。

社会福祉士資格を取得するためのルート


よくある質問

●医療ソーシャルワーカーになりたいのですが、どういう勉強をしたらいいのですか?

ソーシャルワーカーは、社会福祉の専門家です。大学で社会福祉を学ぶことが必要です。

●医療ソーシャルワーカーになるのに、資格等は必要ですか?

資格がなければ働けない、ということはありません。但し、ほとんどの病院で社会福祉士を、精神科病院では精神保健福祉士を持っていることを採用条件にしているというのが現実です。

●医療ソーシャルワーカーになるための就職活動はどうすればいいですか?

大学に求人情報が出されることはほとんどありません。また求人の時期についても、通常の「4年生の夏まで」ということはありません。求人の時期としては「前職者の退職に伴って補充する」場合は、6月や1月・2月に求人情報が出てくることになります。「増 員で募集する」場合であっても、早くて11月、遅いと3月という 状況です。

●ソーシャルワーカーとして研修などを受けたいのですが?

当協会では、現任者の知識・技術の向上を図るため、次のような研修を開催しています。会員向けと非会員も受講できる研修があります。開催予定はこちらに掲載しています。時々チェックしてみてください。

> 研修会のご案内ページへ