まず医療ソーシャルワーカー(MSW)とは?

私たち(MSW)の仕事を紹介

医療ソーシャルワーカー(いりょうそーしゃるわーかー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指します。

医療ソーシャルワーカーについて規定した法律はなく、各所属機関における職名は統一されておりません。「医療福祉相談員」、「医療社会事業司」、「医療社会事業専門員」、「医療社会事業士」などの名称が使用されています。しかし現在、病院等での採用に当たっては「社会福祉士」「精神保健福祉士」資格を持っていることは、最低限の条件であるとされています。

業務内容については、1958年に『保健所のおける医療社会事業の業務指針』に詳しく規定されています。病院、診療所、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設、精神保健福祉センターなどの機関に配置されている医療ソーシャルワーカーについては、1989年に通知され、2002年に改訂された『医療ソーシャルワーカー業務指針』があります。これは、当事者団体はもちろんのこと、医師会、看護協会などの関連団体での検討のもと作成され、厚生労働省局長通知として全国に通知されたものです。

主な業務は

●療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
●退院援助
●社会復帰援助
●受診・受療援助
●経済的問題の解決、調整援助
●地域活動

です。

 

よくある相談

医療ソーシャルワーカーは、次のような専門的援助を行っています。

●入院費の請求が高額になりそう。どうしたらいいの?

治療費に対しては、所得により一定額を超えた医療費が戻る「高額療養費制度」や「貸し付け制度」があります。
非課税世帯の方は、入院時の食事代が減額になります。
加入している保険や地域によって手続きも異なりますので、このような制度を利用する、手続き等について援助いたします。

●入院中の病院での治療が終わり、主治医から退院といわれた。家のつくりや、いつも介護できる家族がいないため、いますぐ家につれて帰れることができない。どうしたらいいのだろう・・・

主治医をはじめ院内スタッフと連絡・調整を行いながら、退院の時期、活用できる社会資源、介護ができる条件・時期などいろいろな状況を確認しながら、場合によっては療養場所(転院、施設入所)などもご紹介します。

●祖父の退院が決まりました。自宅へつれて帰りたいけど、車いす生活になり、家の改造をしなければこのままでは生活できない。また24時間家族だけでは介護に自信がない。どうしたらいいのだろう・・・

在宅療養が可能になるよう活用できる社会資源について検討し、紹介します。
具体的には、介護保険を利用して住宅改修や福祉用具の購入、介護の手伝いをしてくれるヘルパーサービス、通所リハビリなどが考えられます。ひとつひとつ一緒に計画をたて、在宅復帰にむけ準備しましょう。

●障害が残ってしまった。これからどうしたらいいのか不安。入院中医療スタッフとうまくいかずイライラする。

医療ソーシャルワーカーに今の不安や悩み、イライラについてお話下さい。ゆっくり話をうかがい、精神的サポートをするとともに、解決方法を一緒に考えます。

●主治医から病状の説明を受けたが、緊張していてうまく聞き取れなかった。

場合によっては医師との間に入り、調整を行います。事前に相談してくだされば、ムンテラ(病状の説明)に同席し、きちんと説明を聴かれ、納得された上で方針を決定できるように援助します。

> 医療ソーシャルワーカーをこれから目指す方々へ